地球最期のニュースと資料 - In Deep -

アーユルヴェーダの重要ハーブ「トリファラ」を3ヵ月飲んで良かったですので、医学論文を検索してみると、腸内環境改善、ダイエット、ガンの予防といろいろと

SN

11/14 07:55

アメリカ国立衛生研究所内の国立医学図書館データベースより ・NCBI トリファラの原料の三種類のハーブ(アマラキ、ビビタキ、ハリタキ) ・banyanbotanicals.com 以前はサプリメントの ... Copyright © 201...

中国で投資用に購入されたマンション「5000万戸数」が空室となっている。これが中国の争乱と、リーマンショックどころではない世界経済崩壊への「時限爆弾」だと人々は言う

SN

11/13 05:25

11月9日のブルームバーグの記事 ・A Fifth of China’s Homes Are Empty. That’s 50 Million Apartments   アメリカのブルームバ ... Copyright © 2018 In Deep All Rights Reserved.

フェニックスの空に浮かんだ眼を見ながら「現実の存在の危うさ」を思い出す

SN

11/11 13:34

2018年11月02日 米アリゾナ州フェニックス(北緯33度)上空に ・Ancient “Eye in the Sky” over West Phoenix, Arizona ... Copyright © 2018 In Deep All Rights Reserved.

おそらく、これまでで最も実用化に近い「抗生物質を使わずに耐性菌を治療する方法」が国際合同研究チームにより見出された。それは「分子」を使う

SN

11/9 19:14

アメリカの医学メディア「メディカルプレス」の報道より ・medicalxpress.com   本日 11月9日、メルマガ第12号を配信させていただきました。今回のタイトルは『最新の言語学調 ... Copyright © 2018 In...

私たちは、もはや昔とは違う地球に住んでいる : 西暦1900年と現在とを比較すると「地震の増加率は約2000パーセント」にも達していることがアメリカ地質調査所のデータで判明

SN

11/8 16:50

アメリカ地質調査所のデータを比較して判明した「地震の増加」の状況 ・Almost a 2,000% increase in major quakes since 1900!   21世紀に入 ... Copyright © 2018 In Deep All Rights Reserved.

「偽の黙示録」:イスラエルに第三神殿の予兆となる赤い雄牛が生まれ、死海に魚が生息し、嘆きの壁に蛇が出現し、人々が終末の予兆だとざわめく中で思うこと

SN

11/7 16:33

11月6日のアメリカのメディア記事より ・inquisitr.com Sponsored Link   次々と出現する「予兆」の意味 最近、主にイスラエルで、「終末の予言のしるしとして聖書に ... Copyright © 2018 In Deep All...

カロリーの大部分を炭水化物から摂取する人たちが世界で一番健康だった : 「世界で最も健康な心臓」を持つボリビアの先住民族の食事に関する5年間に渡る医学的調査が結実

SN

11/5 20:09

食事の支度中のアマゾンの先住民族チマネ族 ・news.ucsb.edu   南米ボリビアに「チマネ族」という先住民族がいます。 私は今回のニュースリリースで初めて知った人たちなのですけれど、 ... Copyright ©...

そこで何かが進行しているのか? : アメリカのサンアンドレアス断層上で「1日に39回連続した地震」が発生。同時に「断層上を移動するシンクホール」という不思議な事象が出現中

SN

11/4 19:24

・theeconomiccollapseblog.com   今年 2018年は、このブログを始めてからのどの年よりも「サンアンドレアス断層とカスケード沈み込み帯」での地質的な事象が多い年で ... Copyright © 2018 In Deep Al...

携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表

SN

11/3 18:11

11月1日のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリース ・National Institutes of Health News Release 11月2日に、メルマガ11号を発行させていただきました。タ ... Copyright © 2018 In Deep All Rights Res...

世界各地の異様に早い大雪と大凍結の到来の状況に「ミニ氷河期が近づく足音」をほんの少し感じる今

SN

11/1 20:01

観測史上初めて10月に雪が降ったと思われるモロッコについての報道 ・fr.le360.ma   ウォーキングというような立派なものではなく、単なる散歩として毎朝 1時間くらい歩くことは数年前 ... Copyright ©...

「インフルエンザワクチンの《害の部分》」について研究され発表された医学論文や学術論文の数々が語る断片

SN

10/30 21:02

・collective-evolution.com   前回の記事、 ・火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させてい ... Copyright © 2018 In ...

火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させていただきます

SN

10/29 19:10

10月18日にESAの火星探査機マーズ・エクスプレスが撮影した写真 ・ESA   かぜをひくたびに この数年は、1年から1年半に1回くらいの割合でかぜを引くのですけれど、今もまた久しぶりに熱 ... Copyright &c...

宇宙線レベルが「観測史上最高」を記録している中で起き続ける地質的異変……。日本の中央構造線で三連続した地震、あるいは米西海岸のカスケード沈み込み帯で三連続した地震

SN

10/28 15:59

昨日(10月27日)、決して大きな地震ではないですが、下の場所で「1日のうちに3回連続して地震が発生していた」ことに気づきました。   さまざまなところで起きている地質的な活動の兆し 冒頭の ... Copyri...

無農薬だろうが有機栽培だろうが、「野菜は毒性の強いトリハロメタンまみれ」であることがイタリアの大学の調査で判明。そしておそらく「全世界で状況は同じ」

SN

10/26 19:46

・greenmedinfo.com   本日(10月26日)メルマガ第10号を発行させていただきました。タイトルは、「10月25日-28日までの大地震の噂の中、それでも、日本人の精神は自然災 ... Copyright © 2018 In Deep...

地球の空に「かつてない巨大な青い星」が輝くときに、私はきっとホピの第九の徴を思い出す……。木星よりも巨大なガス圏を持つ彗星」が近現代で最も地球に近い距離に接近

SN

10/25 18:20

10月23日のスペースウェザーの記事より ・Spaceweather アメリカ先住民族「ホピ」の終末の予言より 第一のしるし 白い肌の人たちの到来。この人たちは自分たちのものでもない大地を取りあげて、 ... Copyright &...

虹が神と人間の契約なら雹(ひょう)の意味は? 皇居にかかった二重の虹と、ローマに降り落ちた異常な雹嵐を見て思う、最近の自然を介した示唆

SN

10/23 18:14

10月21日 異常な雹嵐に見舞われたイタリアの首都ローマの光景 ・facebook   皇居の上空に「二重の虹」が出た日から この世にはいろいろな自然現象がありまして、その中には美しいものも ... Copyright &cop...

「体罰が法律で完全に禁止されている国は、暴力自体が少ない社会になる」というカナダの大学の論文についての報道から私たち日本人は違和感を感じなければいけないと思う理由

SN

10/22 19:33

英国テレグラフの報道より ・mcgill.ca   今回は冒頭の英国テレグラフの記事をご紹介しようと思います。 これは、カナダのマギル大学の研究で、「体罰を完全に禁止している国は、禁止してい ... Copyright &...

「いつ死ぬかの予測」が現実化する : 私たちの遺伝子に「死期を示す、エピジェネティクス的な《寿命の時計》が存在する」ことが判明

SN

10/21 18:23

医療機関や保険企業から「寿命を宣言される時代」が来る可能性も 米マサチューセッツ工科大学のテクノロジー・レビューより ・MIT Technology Review   今回は、アメリカのマサ ... Copyright © 2018 I...

南極の氷床に流れる謎の音、南極で検知された物理学では理解できない未知の粒子…。最近次々と多彩なことが起き続ける南極で次は何が?

SN

10/19 19:22

南極の棚氷の中から「奇妙なノイズ」が鳴っていることを報じるアメリカの科学メディア ・EARTHER 本日 10月19日、メルマガ第9号を発行させていただきました。タイトルは「フッ素を体内から排出して脳 ... Copyrig...

これまで誰も体系的に触れられかった聖域「抗うつ剤の離脱作用の激しさと、飛び抜けた有害性の現実」が国際的な研究によって明らかに

SN

10/18 13:51

抗うつ剤の深刻な離脱症状の研究を取りあげた英国BBCの記事 ・Antidepressant withdrawal ‘hits millions’   昨日は体調という ... Copyright © 2018 In Deep All Rights Reserved.

PR:Amazonプライムビデオ