ウォール・ストリート・ジャーナル - ライフ

チャットかメールか、職場で広がる世代間ギャップ

チャットかメールか、職場で広がる世代間ギャップ

SN

4/18 16:07

インスタントメッセージの波がオフィスに押し寄せ、職場でコミュニケーションのあり方を変えている。ただ、メールと共に育ってきた一部の年配社員には抵抗感もあるようだ。

グルテンフリー・ダイエットのジレンマ

グルテンフリー・ダイエットのジレンマ

SN

4/18 11:13

最新の研究論文によると、グルテンを摂取しないグルテンフリーの食事は不可能に近く、セリアック病患者には、より効果のある治療法が求められるという。

上司と賢くつき合う「マネージアップ」とは

上司と賢くつき合う「マネージアップ」とは

SN

4/16 08:29

上司と円滑かつ生産的な関係を築くためには、上司のコミュニケーションや意思決定の「スタイル」を理解し、それに適応することが必要だ。

「うつ」との闘いに役立つ食品とは

「うつ」との闘いに役立つ食品とは

SN

4/4 16:19

最近の複数の研究によると、健康的な食生活はうつ病を予防するだけでなく、発症後の治療にも効果を発揮し得る。

女性が自信を持って仕事するための戦略とは

女性が自信を持って仕事するための戦略とは

SN

3/21 09:33

仕事をする上で最も重要な強みの中には、人から教わることができないものがある。それは自信だ。そして自信が足りない女性は多い。

「インスタ映え」で人材集め、米企業の新戦略

「インスタ映え」で人材集め、米企業の新戦略

SN

3/13 13:20

オフィスの設計で新たに留意すべき点。それは、インスタ映えするかどうかだ。SNS投稿を初めから想定する企業が増えている。

医療新興企業に投資する米病院、あわよくば利益も

医療新興企業に投資する米病院、あわよくば利益も

SN

3/8 16:43

手術室や担架を紫外線で殺菌する機器を開発する新興企業が従来のタイプとは異なるものの頼りになる出資者を得た――病院だ。

組織図とは関係ない「力」を手に入れるには

組織図とは関係ない「力」を手に入れるには

SN

3/8 13:05

多くの若手社員は、初めての就職先で組織図の一番下に置かれることに不満を持つ。このため、雇用主が望むよりずっと短い期間で離職する人もいる。

がん遺伝子検査で陽性、予防的摘出すべき?

がん遺伝子検査で陽性、予防的摘出すべき?

SN

3/8 09:36

がんの遺伝子検査を受け、予防目的の手術を受けるケースが増えている。医師たちは家族の心理的負担を大きく軽減できると指摘するが――。

増える10代の「うつ」、親はこう見分ける

増える10代の「うつ」、親はこう見分ける

SN

3/6 16:50

あなたの子どもが不機嫌なのは、思春期の若者に特有の不安によるものか、それとも専門家の助けが必要な「うつ」の始まりなのだろうか。10代のうつは増加傾向にある。

セクハラの内部告発アプリ、米企業で実験導入

セクハラの内部告発アプリ、米企業で実験導入

SN

2/22 13:25

なぜ被害者はもっと早く訴えなかったのか――。ここ数カ月の間にセクハラの告発が相次ぎ、こう疑問に思った人は多いはずだ。

職場の隠れた地位争い、未然に防ぐには

職場の隠れた地位争い、未然に防ぐには

SN

2/21 11:46

上司は日々、部下たちに対してプラスになると考えるさまざまな特典を与えている。ただ、こうした見返りを与える行為がもたらす悪影響を上司は分かっていない。

五輪以外でひっぱりだこの「銀メダリスト」とは

五輪以外でひっぱりだこの「銀メダリスト」とは

SN

2/15 12:51

 優秀な人材を巡る熾烈な争奪戦では、「銀メダリスト」が勝者になりつつある。逼迫する米労働市場を背景に、最終段階で選考に漏れた2番手の人材に企業が注目している。

初めての取締役、なぜ女性は不利なのか

初めての取締役、なぜ女性は不利なのか

SN

2/9 09:57

 ジル・オドネル・トーメイ氏のような女性にとっては、米国企業の重役会議室の入り口には「人材求めず」と書かれた看板が掛けられているように思えるようだ。

米でインフル猛威、患者急増に病院は悲鳴

米でインフル猛威、患者急増に病院は悲鳴

SN

2/8 04:51

 米国で猛威をふるうインフルエンザ。急増する患者の対応に追われる各地の病院は緊急度の低い手術の先送りなど窮余の策で乗り切ろうとしている。

誰を昇進させるべきか? ある企業から得るヒント

誰を昇進させるべきか? ある企業から得るヒント

SN

2/8 04:18

 リーダーの役割を担える人材の育成に投資する多くの企業にとって、共通の悩みは誰を昇進させるべきかという問題だろう。

セクハラ男はなぜ「権力者」なのか

セクハラ男はなぜ「権力者」なのか

SN

2/6 13:55

 著名なビジネス指導者や有名人、政治家が相次いでセクハラ・スキャンダルで非難されている。成功した男性たちは一体なぜセクハラをするのだろうか。

スマホ電磁波の人体への影響、議論に終わり見えず

スマホ電磁波の人体への影響、議論に終わり見えず

SN

2/5 08:49

 米政府機関の研究では、一部のラットで腫瘍の発生率が微増し、DNA損傷の兆候が見られた。しかし「決定的証拠はない」との声も。

間違った第一印象を与えないためのコツ

間違った第一印象を与えないためのコツ

SN

2/1 14:00

 第一印象は意外なほど間違っていることが調査で明らかになっている。他人が自分をどう見ているかを意識することで、いい加減な即断を下されないようにすることは可能だ。

間違った第一印象を与えないためのコツ

間違った第一印象を与えないためのコツ

SN

1/31 12:57

 第一印象は意外なほど間違っていることが調査で明らかになっている。他人が自分をどう見ているかを意識することで、いい加減な即断を下されないようにすることは可能だ。

乳がん治療、人気失う化学療法

乳がん治療、人気失う化学療法

SN

1/31 10:07

 乳がんの女性患者に化学療法を施すべきかどうかで医師の意見が分かれている。米国では多くの医師が化学療法を避けるようになった。

遺伝子編集の臨床試験、規制少ない中国が先行

遺伝子編集の臨床試験、規制少ない中国が先行

SN

1/25 13:59

 米国の科学者が開発に関わった「Crispr(クリスパー)」。しかしこのゲノム編集技術の臨床試験を最初に実施したのは中国の医師だ。

米国で職場自殺が増加、不測の事態に備える企業

米国で職場自殺が増加、不測の事態に備える企業

SN

1/18 15:01

 米国ではここ数年、自殺率が上昇し、社員が職場で命を絶つケースも増えている。こうした現状を受け、管理職に自殺防止に関する研修を受けさせている企業もある。

2018年に注目すべき6つの医療トピック

2018年に注目すべき6つの医療トピック

SN

12/27 08:58

 専門家はインフルエンザやはしかの流行といった厄介な問題を予見する一方、乳がん分子標的治療や遺伝子編集、片頭痛薬といった分野での有望な展開を予想している。

仕事中の「空き時間」、米企業に年11兆円の負担

仕事中の「空き時間」、米企業に年11兆円の負担

SN

12/21 10:14

 米国の労働者が勤務中に何もしていないで過ごす時間は、企業に年間1000億ドルのコスト負担となっていることが新たな研究で分かった。

企業のセクハラ対策、著名人の実例を教訓に見直し

企業のセクハラ対策、著名人の実例を教訓に見直し

SN

12/20 12:17

 著名人の一連のセクハラ騒動を受け、一部の企業はセクハラ防止研修の見直しを行っている。それまでの研修では不十分であることが明らかになったからだ。

仕事の機会つぶす「おしゃべり中毒」を治すには

仕事の機会つぶす「おしゃべり中毒」を治すには

SN

12/15 13:49

 長話をする人は、求職、社内のプレゼン、顧客への営業、人脈作りのイベントで問題に突き当たる。これは準備不足や過剰な自我、自信のなさの表れだと話し方のコーチは話す。

米セクハラ問題、職場の年末パーティーにも変化

米セクハラ問題、職場の年末パーティーにも変化

SN

12/6 13:38

 エンターテインメントやメディア業界などがセクハラ告発で揺れる中、年末のパーティーで問題行為が発生しないよう多くの企業が対策を進めている。

職場のいじめ問題、深刻さに目覚める米企業

職場のいじめ問題、深刻さに目覚める米企業

SN

11/17 15:53

 米カリフォルニア州アーバインの法律事務所ブライアン・ケーブのオフィスに入ったときに訪問者が最初に気付くものの一つは、御影石のプレートだ。そこには「礼節のための10カ条」が刻まれている。

職場のいじめ問題、深刻さに目覚める米企業

職場のいじめ問題、深刻さに目覚める米企業

SN

11/16 11:35

 米カリフォルニア州アーバインの法律事務所ブライアン・ケーブのオフィスに入ったときに訪問者が最初に気付くものの一つは、御影石のプレートだ。そこには「礼節のための10カ条」が刻まれている。

PR:bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で